カジュアルな雰囲気作りに最適な樹脂フレーム

樹脂フレームの特徴や利点

メガネフレームには、ウルテムやポリアミドといった樹脂で作られているものもあります。樹脂製のフレームはプラスチックやメタルと比べると比較的新しく使われるようになった素材であり、高温や低温に強く、弾力性にも優れているのが特徴です。独特の光沢があったり、発色が良かったりする素材もあり、カラーリングやデザインも豊富。フォーマルな印象を与えやすいメタル系のフレームとは異なり、カジュアルな印象を与える素材です。また、可塑剤が使われていないのも利点です。肌への影響が少なく、プラスチックフレームよりも肌荒れを起こす可能性が小さくなります。軽さに優れていたり、耐久性があったり、素材に応じて高い機能を持った個性的なメガネが見られるのも特徴です。

樹脂フレームに使われている素材

ウルテムは柔軟性や耐久性に優れており、自動車や家電、宇宙関連にも使われている素材です。柔らかいために長時間かけ続けていても快適でいられます。細く成形させることもできるので、エッジの効いたメガネなど、豊富なデザインがあるのが特徴です。しかし、温めても形が変わらず、調整が難しい注意点があります。ポリアミドは医療用器具でも使用されている肌への負担の少ない素材です。色づきの良さからカラーリングも多彩なものがありますが、熱や衝撃に弱いという一面もあります。そのため、少し厚みがあるフレームが多いです。ポリ・エーテル・サルフォンはPESとも呼ばれる軽さと弾力性に優れた素材です。高温に強く、メッキ塗装に耐えられます。発色に優れ鮮やかでクリアな色合いを楽しむことができます。