メガネは顔の印象を大きく変える

メガネが似合わない原因

メガネが似合わなくて悩んでいるというケースもありますが、そんな場合に考えられるのが顔の形と選んだメガネの形があっていないということです。黒目の位置とレンズの位置が合っていない、フレームと眉毛のバランスが悪い、顔のコンプレックスが強調されてしまうなどによって似合わなくなってしまうのです。 メガネの形が顔と合っていれば、柔らかい雰囲気を作ることができたり、知的な印象を与えるなど顔の印象を大きく変えることができます。顔立ちの魅力を引き立てるためには、様々なポイントに気をつけてメガネ選びをしていくことが必要です。 迷った場合には、メガネ専門店のスタッフに相談することで、自分の似合うメガネをアドバイスしてもらえます。

顔立ちに似合うメガネの選び方

メガネを選ぶときは、顔の形を基準にして選んでいくと似合うメガネに出会うことができます。 丸顔の人は、全体的に柔らかい印象になります。そのためスクエアタイプのメガネを選ぶことで顔が引き締まって見え、すっきりした印象を作ることが可能です。 面長の人は、シャープなフェイスラインが特徴です。ウェリントンタイプのものが良いとされています。天地に幅があるフレームですので、フレームとフェイスラインが近いことでバランスがとりやすくなります。 四角顔の人は、直線的な輪郭でメリハリのある顔立ちをしています。硬い印象になってしまいやすい顔立ちですので、あえて柔らかな印象を与える曲線的なオーバルやボストンタイプなどを選ぶと柔らかい印象を作れます。